紫外線を浴びた時の肌への悪影響について

皮膚が紫外線を浴び続けていると、どのような変化があるのでしょうか。強い紫外線を長時間浴びていると皮膚がダメージを負ってしまいますので、肌を守りたいなら紫外線対策が重要になります。十分に紫外線対策をせずに屋外で活動をしていると、肌の老化を促進してしまいます。

紫外線を肌に受けると、肌の老化が早まり、しわやしみ、たるみが目立つようにってしまいます。肌の健康状態は紫外線の悪影響で失われて、細胞が損傷することがあります。肌の新陳代謝を滞ると、肌トラブルが起きた時も古い皮膚と新しい皮膚の交代するサイクルが遅くなって、肌の滑らかさが失われます。

また、紫外線の影響でメラニン色素が増加すると、日焼けだけでなくしみやくすみもできて、色素が沈着します。お肌のシミが多くなると、減らすことは困難ですので、紫外線予防をきちんと行うことが美しい肌を維持するためには必要です。紫外線からお肌をガードするためには、メイクの時には日焼け止め効果のある下地クリームを使うなどの対策が必要になります。

紫外線は肌を老化させるだけでなく、皮膚のシミが原因で皮膚がんができてしまうこともあるといいます。肌への紫外線をカットすることは、肌の健康のためにも大事です。日頃から、紫外線が肌に届かないようにこまめにケアをすることが、お肌のためになります。

敏感肌におすすめの美白化粧品

コメントを残す