クレンジングジェルの種類によるメイク時の使い分けについて

様々なクレンジング剤が各メーカーから販売されていますので、一体どれを選択すればいいかわからないという人は多いようです。クレンジング剤は、クリーム状、ジェル状、オイル状などのいくつかの種類があります。

クレンジングジェルは滑らかなテクスチャーが特徴で、肌の摩擦を防ぎながらクレンジングができます。クレンジングジェルには、水性と油性があり、水性にはオイルフリーとオイルインの2種類があります。それぞれのクレンジングジェルにより特徴が異なるので、選ぶ時には注意しましょう。

オイルフリーの水性クレンジングジェルは、メイクを落とす力が弱いので、ナチュラルメイクをしている方に向いています。オイルインのクレンジングジェルのほうが、オイルフリーのクレンジングジェルよりメイク汚れを分解する力が強いので、メイクのタイプによってはこちらのほうが向いています。

一方、油性のクレンジングジェルは、原材料にオイルが含まれていますので油性のメイクを分解する力が強いので、洗い落とす力が強いクレンジング剤が欲しい人向きです。ウォータープルーフのメイクも落とすことができるのは、油性のクレンジングジェルになります。

クレンジングを見分けるには、商品に記載されていることが多いので、成分表を確認することで見分けられます。含有成分は多く含まれているものから順番に書かれていますが、最初に水あるいは界面活性剤と書かれていれば、水性のクレンジングジェルです。油性成分の名前が記載されていれば、油性のクレンジングジェルになります。

セラミド高配合の美容液はこれ

コメントを残す