体重が増える生活

だいたいのところ体重の増減は、生活習慣を見れば分かってくるといいます。ぱっと見ると遺伝が原因のようにも考えられるのが家族そろって太っているという場合ですが、本当は生活習慣が家族で一緒だという場合が多いといいます。体重はどんな生活習慣によって増加してしまうのでしょうか。

生活が不規則なことは体重が増える人の特徴です。生活習慣は実は体重の増加や減少に関係しているようで、決まった時間に睡眠や食事を摂ることは体重の増減に関係ないように見えますが実はかなり重要なポイントになっているのです。間食の回数が増えたり、お腹が空きすぎて食べ過ぎてしまうことが、食事や睡眠の時間がバラバラだと、空腹になるリズムに狂いが出ることあるようです。

生活習慣を見直して、まずは早起きする習慣をつけること、朝ご飯を決まった時間に摂ることなどの工夫をすると良いでしょう。生活を規則正しいものにしなければ、体重が増える生活を良くすることは不可能だといえます。たくさんの量を夜に食べる生活をしている人は、体重が増えやすいといわれています。

夕食で摂った分のエネルギーは使用でずにその日は寝てしまうことになり、昼間起きているときのように食べた後に活動するわけではないからです。体重が増えるのは、夜中寝ている間ということなのです。体重がダイエットをしてもあまり減少しないという人は、体重が毎日の生活が習慣によって増加していることもあるようです。

ダイエットには、体重が増える生活を見直すことがプラスに働くでしょう。

コメントを残す